« 無料先生(93)<haveについての鋭い質問> | トップページ | 無料先生(95)<センター試験間近!!どうする?> »

2007年1月 7日 (日)

無料先生(94)<皆さん文法好き?>

以前の記事を見たい方は<全記事一覧>をクリック♪

「無料先生(英語) 標準問題編」発売中!

サンプルあります^^

http://www.muryosensei.com/products.html



~クリックをお願いします、仲間を増やそう!~

人気ブログランキング


今晩は、無料先生第94回です。

無料動画サイト(http://www.muryosensei.com)は、

全ての無料動画をそろえ、あなたの参加を待っています!

<お知らせ>~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

無料先生の無料動画サイトが大変身!!

Logo_2

皆さんの

「もっと教えろ♪」

の声に押され、特別教材「標準問題編」を作成しました♪♪

http://www.muryosensei.com/products.html

       ↑全てのサンプル動画も同時公開中!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


          ~無料先生(英語)~

           ― 皆さん文法好き? ― 

新しいプロジェクトが始動しております!

無料動画の続きとなる、自習教材の提供です。

これは、無料動画で全ての英文法を学んだ方々に、

実際の問題を解いて理解を確認しよう、というプロジェクトです。

「標準問題編」(http://www.muryosensei.com/products.html



さて、

文法というのはとても難しいものでございまして、

ほとんど多くの学習者が

「文法はつまらない」とおっしゃいます。

それもそうで、ほとんどの人が

「興味もないのに丸暗記させられている」からです。

ですから逆に、

「興味があれば」

好きな車の車種を覚えるのと同様、

好きなブランドの新作を覚えるのと同様、

「簡単になる」わけですね。

今日はそんな話です。

「これは皆さんのためになる!」

と思ったので、お話いたします。

コメントもお待ちしております。


~応援のクリック、して頂けたら助かります^^~

人気ブログランキング



●皆さん文法好き?

では、どうやったら

「文法に興味を持てるのか」

良い方法があります。


高校時代、ある教科が好きになった理由を聞くと、

「先生が楽しかったから」という話はよくあります。

ここでいう先生の話は、恐らく教科書の棒読みではありません。

世界史なら、少し違った視点から、

例えばヨーロッパ旅行の実体験を交えて等の話でしょう。

教科書には載ってない豆知識や、背景の話が面白かったのでしょう。

もちろん先生自体の人間が面白かったというのもあるかもしれませんが、

それは直接にその教科の学習が好きになる理由ではありません。

能力のある教師は、

雑談の中にも、その教科の知恵をかませ、その教科への関心を高めるものです。

ということで、話は長くなりましたが、

「英文法の雑談をしましょう」(笑)


と言っても、全然実用性のない話をしてもしょうがないので、

教科書には載ってないけど、事実を話します。

そして、深い話をします。

知的な好奇心が一番かっこいい。

今日は『ロイヤル英文法』という有名な文法学習書を参考にします。

これは大学受験生や社会人、TOEIC受験者におすすめで、

とても中身の濃い、きちんとした参考書ですよ!

  • 疑問1
1メートルは1 meterで、
2メートルは2 metersだけど、
1.5メートルは1.5 meter? 1.5 meters?


(笑)
これはね~ほんと鋭い質問なんですよ。

こんなことを言える中学3年生がいたら、

「君、すごいね!!天才的頭脳だ!」

って褒めてしまいますよ。

答えは、

1.5 meters

です。

1を超えたら複数扱いなんです。英語は。

え?じゃあ、

0.5メートルは???

0.5 meterなんです。基本的には。
(metersもありえます)


面白いですよね~

  • 疑問2
「トムの叔父さんの家」は
Tom's uncle's houseでいいの?


!これも面白いですよねぇ?

なんか変じゃありませんか?

言いづらくないですか?

~ズ~ズ って、さすがに言いづらいでしょう。

と言うことで、これでも良いのですが、ネイティブはあまり使いません。

じゃあなんて言うのか

少し難しくなりますが、

the house of Tom's uncle


とします。

なるほど~と思いましたね?

Tom's uncleをうしろに持ってきて、

houseを前にしてofを使います。限定されてますから、theを付けます。

これで、

a house of Tom's uncle

にしてしまうと、家がいくつもあることになってしまいます。

a はoneの親戚の単語であり、one ofという意味になりますからね^^

  • 疑問3
go shoppingって変じゃない?
busy cookingって変じゃない?

確かに変ですね。


中学校で習うこれらの表現ですが、

なんとなく変です。

だって、動名詞の~ingの前に前置詞などが何もないですし、

それがgoの直後に置かれているわけですから。

ちょっと英語の感覚があれば、変だと思うはず。

これはね、もともと、

go on shopping

busy in cooking

だったんですよ?


onには「~に向けて」というニュアンスがあります。

go on a picnicと同じです。

そのonが省略されて生まれちゃったんです。

inには「~の中に」つまり「~にはまって」「~に従事して」というニュアンスがあります。

そのinが抜けたんです。


へ~と思って、理屈が分かれば納得します。

納得すれば、記憶もしやすく、

忘れにくく、

忘れても思い出しやすくなります。

数学の公式をきちんと理屈も一緒に覚えるのと一緒です。

しかも、他の人も知らない裏話を知っていると、

「優越感を感じます」

謎解きのようで「楽しくなってきます」

「そして文法が面白くなります」

これも全て、自分へのモチベーションコントロールとして主体的にできれば、

あなたはもう佐藤メソッドのモチベーション理論をかなりマスターしたことになるのです。


    以上

「勉強のきっかけになってほしい」

それが無料先生の願いです。

http://www.muryosensei.com

どうぞ、皆さんの応援クリックを、おねがいします! →  人気ブログランキング

無料先生第94回はここまでです。


!そして、今あなたからのコメントを受け付け中です!

何でも聞いてくださって結構です。

動画サイトのご感想、英語の質問、

文法、勉強法、受験、TOEIC相談、なんでもどうぞ。

下のコメントをクリックして、お好きなメッセージを送ってください。

「必ず」佐藤がお答えします!

(質問の内容は、解答とセットで記事にさせて頂く場合があります。)


皆さん、無料動画の中で今後もお会いしましょう!

そして一緒にDVD学習をしていきましょう!!(「標準問題編」)

無料先生(英語) 標準問題編  http://www.muryosensei.com/products.html

それでは! (^O^)


↓ どうか、是非!応援クリックをして頂けますと、さらに頑張れます!

人気ブログランキング

|

« 無料先生(93)<haveについての鋭い質問> | トップページ | 無料先生(95)<センター試験間近!!どうする?> »

コメント

恐るべき佐藤メソッド!凄いっす!

なんかわくわくしてきます!
自分でそういうフウに工夫して楽しく勉強したいとおもいいます!

投稿: 淺川 | 2007年1月 9日 (火) 04時22分

淺川くん

ありがとう。
そうですね、手元にしっかりした文法書とかがあると、
(そしてしっかりした辞書も)
自分で気になって調べていくうちに楽しくなります。
趣味のようになろう!

無料先生(英語)

投稿: 無料先生(英語) | 2007年1月 9日 (火) 23時16分

この記事へのコメントは終了しました。

« 無料先生(93)<haveについての鋭い質問> | トップページ | 無料先生(95)<センター試験間近!!どうする?> »