« 無料先生(89)<無料先生の履歴書4> | トップページ | 無料先生(91)<英語教育に物申す!2> »

2006年12月15日 (金)

無料先生(90)<英語教育に物申す!1>

これが金曜日の投稿分になります!

「無料先生(英語) 標準問題編」発売中!

サンプルあります^^

http://www.muryosensei.com/products.html



~お願いします!クリックで仲間を増やそう!~

人気ブログランキング


今晩は、無料先生第90回です。

無料動画サイト(http://www.muryosensei.com)は、

全ての無料動画をそろえ、あなたの参加を待っています!

<お知らせ>~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

無料先生の無料動画サイトが大変身!!

Logo_2

皆さんの

「もっと教えろ♪」

の声に押され、特別教材「標準問題編」を作成しました♪♪

http://www.muryosensei.com/products.html

       ↑全てのサンプル動画も同時公開中!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


          ~無料先生(英語) 英語教育に物申す!1~

                                    ― 筆記体 ― 

新しいプロジェクトが始動しております!

無料動画の続きとなる、自習教材の提供です。

これは、無料動画で全ての英文法を学んだ方々に、

実際の問題を解いて理解を確認しよう、というプロジェクトです。

「標準問題編」(http://www.muryosensei.com/products.html



私、佐藤には悩みがあります。

どうやったら日本の英語教育をもっと良くできるのか。

今回は、英語教育の問題点を具体的に解説します。

「社会人の方も、学生さん自身も、現場の教師の方々も、保護者の方も」

皆さんに対する問題提起です。

コメントも期待しております。


●筆記体 を教えること

最近、筆記体の書き方を学校で教わらない学生が増えています。

私自身としては、考えられないことです。

自分も実際に中学校一年生で習い、徹底的に練習させられました。

いわゆる「ゆとり教育」による授業時間削減が原因か、

特に公立の学校では習わないケースが増えています。

そうすると、何が起きるか。

昔ながらのしっかりした教育をしようとする私立学校は、教え続け、

一方での公立がこういう状況ですから、

ますます、公立・私立で学習結果に差が出てしまうわけです。

そこで、

「いや、でもそこまで筆記体なんて重要なの?」

という声が聞こえてきそうです。

「重要です」「教えるべきです。」「教養としても教えるべきです。」

その理由を今から述べます。


私は筆記体を習ったことで多くの得をしました。

文字を書くのが早くなったのももちろんですし、

ブロック体と違って流れるように書くため、単語を暗記しやすくなります。

また、実際のネイティブの英語にも多く筆記体が使われますので、それが読めます。

つまり、逆に言うと、筆記体を習わないと、

ネイティブの英語が読めない
、というとんでもない事態がありえるのです。

確かに筆記体は書き方を覚えるのが面倒ですが、それ以上の価値があります。



カナダにホームスティ行ったときのことです。

筆記体で名前を書くと、

「あなたの文字はきれいね」

と家族のおばあさんに言われました。

きっとブロック体できれいに書いても言われないことでしょう。

こうして自信をつけることもできます。


「でも試験で筆記体書くと減点されるんでしょう?」

という反論もあります。

いいえ、違います。

読みづらい、汚い筆記体で書いてしまったら、それは減点されますが、

それはブロック体も同じことです。キレイに書けばよいだけです。

実際に、相手に読めない英語ならば、それは減点されるべきで、

言語として意味がないのですから。

試験の際は、不安でしたらブロック体でも良いでしょう。

但し、書くスピードは落ちてしまいます。

だから、私は生徒には、

その子の字の丁寧さ、性格を考えて、

「筆記体で書くべきかブロック体で書くべきか」指示しています。

筆記体を学ぶこと自体でマイナスになることは、何一つないのです。

あえて言えば、他の学習時間が減ること。

でも、それが問題視されているのは、「ゆとり教育」のせいだとしたら、

単純に今の是正の流れで解消されることでしょう。

むしろ、文字を書くスピードが上がれば、勉強の効率は上がります。

学習時間の低減を吸収できる可能性もあるのです。

 
・・・・以上

「勉強のきっかけになってほしい」

それが無料先生の願いです。

http://www.muryosensei.com

どうぞ、皆さんの応援クリックを、おねがいします! →  人気ブログランキング

無料先生第90回はここまでです。


!そして、今あなたからのコメントを受け付け中です!

何でも聞いてくださって結構です。

動画サイトのご感想、英語の質問、

文法、勉強法、受験、TOEIC相談、なんでもどうぞ。

下のコメントをクリックして、お好きなメッセージを送ってください。

「必ず」佐藤がお答えします!

(質問の内容は、解答とセットで記事にさせて頂く場合があります。)


皆さん、無料動画の中で今後もお会いしましょう!

そして一緒にDVD学習をしていきましょう!!(「標準問題編」)

無料先生(英語) 標準問題編  http://www.muryosensei.com/products.html

それでは! (^O^)


↓ どうか、是非!応援クリックをして頂けますと、さらに頑張れます!

人気ブログランキング

|

« 無料先生(89)<無料先生の履歴書4> | トップページ | 無料先生(91)<英語教育に物申す!2> »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。