« 無料先生(86)<無料先生の履歴書1> | トップページ | 無料先生(88)<無料先生の履歴書3> »

2006年12月 8日 (金)

無料先生(87)<無料先生の履歴書2>

さらにご購入者が増えています!

期待にこたえられてうれしいです!!ありがとう!

「無料先生(英語) 標準問題編」発売中!

サンプルあります

http://www.muryosensei.com/products.html



~どうか、今日も応援クリックをお願いします!~

人気ブログランキング


今晩は、無料先生第87回です。

無料動画サイト(http://www.muryosensei.com)は、

全ての無料動画をそろえ、あなたの参加を待っています!

<お知らせ>~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

無料先生の無料動画サイトが大変身!!

Logo_2

皆さんの

「もっと教えろ♪」

の声に押され、特別教材「標準問題編」を作成しました♪♪

http://www.muryosensei.com/products.html

       ↑全てのサンプル動画も同時公開中!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


          ~無料先生(英語) 佐藤の履歴書2~    

新しいプロジェクトが始動しております!

無料動画の続きとなる、自習教材の提供です。

これは、無料動画で全ての英文法を学んだ方々に、

実際の問題を解いて理解を確認しよう、というプロジェクトです。

「標準問題編」(http://www.muryosensei.com/products.html



私、佐藤はいったいいつ英語力を身に付けたのか、

昔は英語が苦手だった私の歴史。

「きっと皆さんにも同感いただける」

そう思ってこの特集をします。

きっと、皆さんのお役にも立てると思って。


①高校時代(前半)

ハワイで

「すいません、今何時ですか?」

とアメリカ人に聞こうとした私、

Would you tell me what time is it?

と言ってしまいました。

もちろん、通じるのですが、少し間違った英語です。

がんばって学校で習った英語を使ったつもりなのですが。。。

皆さんわかりますか?

正しくは、

Would you tell me what time it is?

になります。

実はね、

What time is it?

だけならいいんですよ。

「今何時ですか?」

という意味です。

ところが、

「今何時なのかを教えて頂けますか?」

の直訳になる、丁寧なwouldを使った表現、

Would you tell me what time...

では、it isの語順に戻ります。

ちなみにね!

Do you have the time?

でも、同じ、

「今何時でしょうか?」という表現になります。

the timeで「そのいわゆる『時間』」つまり、「現在時刻」ですね。

ところが!

ここで、

Do you have time?

と聞いてしまうと、

「ねぇ、今時間ある?ひま?」

というナンパのセリフになってしまいます!

そこまでのミスは俺もしなかったけど(笑)、

みんな気をつけてね!!

②高校時代(中盤)

そろそろ受験です。大学受験です。

進学校にいたおかげか、

授業は一応聞いていたからなのか、

最低限の英語力はついていましたが、

特段強いわけでもありませんでした。

ここで運命の出会いが発生します。

塾のカリスマ先生でした。

一人は、個別指導でお世話になった、早稲田の女性の先生。

早稲田の政治経済学部、という私の夢のような大学にいる人で、

「すごいなぁ」

「どうしてこんなに難しい英文が読めるんだろう。」

と驚いていました。

彼女から習ったことは、

暗記するには、

①類似表現をまとめる

②ゴロ合わせで覚える

の2つが有効な技だ、ということです。

そして!

もう一人、集団塾で出会ったカリスマ先生は、

半端のないアメリカ好きでした(笑)

彼の英語力と、

彼についての詳しいお話、

そしてついに始まる、私佐藤の受験経歴は、

次回のお楽しみです♪

・・・・次回に続く(笑)

「勉強のきっかけになってほしい」

それが無料先生の願いです。

http://www.muryosensei.com

どうぞ、皆さんの応援クリックを、おねがいします! →  人気ブログランキング

無料先生第87回はここまでです。


!そして、今あなたからのコメントを受け付け中です!

何でも聞いてくださって結構です。

動画サイトのご感想、英語の質問、

文法、勉強法、受験、TOEIC相談、なんでもどうぞ。

下のコメントをクリックして、お好きなメッセージを送ってください。

「必ず」佐藤がお答えします!

(質問の内容は、解答とセットで記事にさせて頂く場合があります。)


皆さん、無料動画の中で今後もお会いしましょう!

そして一緒にDVD学習をしていきましょう!!(「標準問題編」)

無料先生(英語) 標準問題編  http://www.muryosensei.com/products.html

それでは! (^O^)


↓ どうか、是非!応援クリックをして頂けますと、さらに頑張れます!

人気ブログランキング

|

« 無料先生(86)<無料先生の履歴書1> | トップページ | 無料先生(88)<無料先生の履歴書3> »

コメント

名詞節の語順が変わるって言うあれですね~

どうもメールおくった淺川です。
佐藤先生の人生談、

続きも、
超楽しみにしとります。

更新頑張ってください

投稿: 淺川 | 2006年12月 9日 (土) 16時17分

淺川さん

そうですね、間接疑問文と呼ばれる分野です。
人生談、というほどのものでもないのですが(笑)楽しみにして頂いてうれしいです。
また日曜日、チェックをしにきてくださいね!

それでは。

無料先生(英語)

投稿: 無料先生(英語) | 2006年12月 9日 (土) 19時01分

この記事へのコメントは終了しました。

« 無料先生(86)<無料先生の履歴書1> | トップページ | 無料先生(88)<無料先生の履歴書3> »