« 無料先生(73)<大好評の無料先生動画サイト!15> | トップページ | 無料先生(75)<大好評の無料先生動画サイト!17> »

2006年11月 8日 (水)

無料先生(74)<大好評の無料先生動画サイト!16>

なんと!、皆さん。

今日はついに「関係詞(基本2)」の授業です。

みんなが知りたかった関係詞。

どんどん深く勉強できるのは、ここだけですよ!?

しかも動画でなんて、前代未聞です!

今日がチャンス!


~応援クリックを今日もお願いしております~

人気ブログランキング


今晩は、無料先生第74回です。

無料動画サイト(http://www.muryosensei.com

では、英語を出発点に、さまざまな学習分野を網羅します!

今日も皆さんの応援クリックを、ポチッとお願い致します! →  人気ブログランキング


<お知らせ>~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

無料先生の無料動画サイトは、動画数を増強中です!!

Logo_2

http://www.muryosensei.com

すべての文法分野を、たったの15分で理解できますヨ♪♪

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


無料先生のポータルサイト(http://www.muryosensei.com)で

今日公開した文法解説は、

「関係詞(基本2)」(http://www.muryosensei.com/movie.html)です。


関係詞第2回です。

え?

「関係詞はまだ続くの?」とお思いの方、

はい、「まだまだ基本なんです。」


実は前回お話した「関係詞」の基本1

関係詞の中でも初歩の初歩です。

whoseといった関係詞の所有格や

whatの応用表現などです(「何」という意味ではないですよ^^)

では、さっそくこれらの解説を始めましょう!!


She has a friend (     ) father is a doctor.

これはどうでしょうか、訳せますか??

「彼女には父親が医者の友達が一人います。」

ですよね?ではカッコの中にはなにが入るでしょう。

これがwhoseなんです。

whose「~の」という意味で、先行詞の所有格を表します。

先行詞というのは、直前の単語(a friend)のことをさします。

これが使えるようになると、便利なんですよ??

皆さん、ここまでは分かりましたか?


今日も皆さんの応援クリックを、ポチッとお願い致します! →  人気ブログランキング

http://www.muryosensei.com/movie.html


いきなりテスト!

私が図書館から借りた本はとてもおもしろい。

=The book (     ) I borrowed from the library is really interesting.

このカッコをうめてください。

whoでもwhomでもだめですよ?

直前の単語、先行詞はThe bookです。

つまり物ですよね?

その場合はwhichを入れてください。

このwhichは専門的には目的格と呼ばれ、whomの「物バージョン」です。


おまけ

「私は彼女の言ったことが理解できなかった。」

これを英語で言えますか?

whatを使ってください。

え?

「whatで始めたら疑問文になっちゃう?」

大丈夫なんです。

答えは、

I couldn't understand what ~~.

になります。

ごめんなさい!そう!

what以下が大事なんです。

波線のところがポイント。

これはきちんと説明しないと誤解が生まれやすいので、

皆さんには私の動画授業で答えをお教えします!

http://www.muryosensei.com/movie.html


無料先生第74回はここまでです。


!そして、今あなたからのコメントを受け付け中です!

何でも聞いてくださって結構です。

動画サイトのご感想、英語の質問、

文法、勉強法、受験、TOEIC相談、なんでもどうぞ。

下のコメントをクリックして、お好きなメッセージを送ってください。

「必ず」佐藤がお答えします!

(質問の内容は、解答とセットで記事にさせて頂く場合があります。)


皆さん、無料動画の中でまた、お会いしましょう!

(無料先生のポータルサイト : http://www.muryosensei.com

さようなら~(^O^)


↓ 応援クリックをして頂けると、本当にうれしいです!!

人気ブログランキング

|

« 無料先生(73)<大好評の無料先生動画サイト!15> | トップページ | 無料先生(75)<大好評の無料先生動画サイト!17> »

コメント

動画のラインナップも増えてきましたね~!
これからも楽しみにしています。
お互いにがんばりましょうね~!

投稿: ユウ | 2006年11月10日 (金) 00時29分

ユウさん

ありがとうございますー
そうですね~かなりそろってきました。
応援いただいてうれしいです!
これからもよろしくお願いします。

無料先生(英語)

投稿: 無料先生(英語) | 2006年11月10日 (金) 05時01分

こんにちは。次の英文について質問させて下さい。

The apples in this box are better than (ア) in that box.

(ア)に入る適切な語句を選びなさいという問題で、選択肢として
「those」と「the others」があり、正解は「those」でした。
この場合、なぜ「the others」は不正解となるのでしょうか?

投稿: ひで | 2006年11月12日 (日) 21時22分

ひでさん

こんにちは、無料先生(英語)です。
とても良い質問ですね。大切な用法です。

この場合、後半もin this boxだったり、
もしくは、in itであれば、the othersも可能だとは思います。
しかし、in that boxですから、答えはthoseになります。
その理由を以下で説明します。

まず、thoseやthatには繰り返しの用法があります。
この場合、thoseはthe applesのことで、
簡単に言えば、何度も同じ言葉を繰り返したらかっこ悪いから、
thoseを使っています。
一方、the othersは「その他の全てのもの」という意味です。
theが付いていますから、特定されています。
なんで特定されているかというと、前に情報が出てきているからです。
つまり、this boxという範囲の中のthe apples「そのリンゴ達」以外のもの全て、これがthe othersになるのです。
ですから、そのboxには何個かたくさんリンゴがあったのでしょうね。そのうちのthe apples以外の全てがthe othersということになります。othersですから、複数個残っているはずです。
ところが、それなのに後半部分がin that boxでは、範囲が異なってきますから、theとは言えません。だって、前の情報が役に立たないわけですから。
というわけで、答えはthoseだけになってしまうのです。
いかがでしょうか?

無料先生(英語)

投稿: 無料先生(英語) | 2006年11月14日 (火) 03時49分

この記事へのコメントは終了しました。

« 無料先生(73)<大好評の無料先生動画サイト!15> | トップページ | 無料先生(75)<大好評の無料先生動画サイト!17> »