« 無料先生(79)<大好評の無料先生動画サイト!21> | トップページ | 無料先生(81)<大好評の無料先生動画サイト!23> »

2006年11月22日 (水)

無料先生(80)<大好評の無料先生動画サイト!22>

今回皆さんと勉強する分野は「時制の一致」です。

きちんと一致できていますか?

え?なんのことか分からない?じゃあお教えしましょう!

動画の授業(http://www.muryosensei.com)で要チェック!(^ ^)



~応援クリックを今日もお願いいたします!~

人気ブログランキング


今晩は、無料先生第80回です。

無料動画サイト(http://www.muryosensei.com

では、英語を出発点に、さまざまな学習分野を網羅します!

<お知らせ>~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

無料先生の無料動画サイトは、動画数を増強中です!!

Logo_2

http://www.muryosensei.com

すべての文法分野を、たったの15分で理解できますヨ♪♪

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


無料先生のポータルサイト(http://www.muryosensei.com)で

今日公開した文法解説は、

「時制の一致」(http://www.muryosensei.com/movie.html)です。


時制の一致ってなんですか?

微妙な質問ですよね~(苦笑)

「なにかを揃えること?」

「動詞を過去形にすることだった気がする。。」

と思った方、おしいです!

時制の一致とは、「いつの話か、によって動詞を揃えること」なんです

でも、まだまだ意味が分からないよね?

そこで、解説しましょう☆

すごく簡単に言いましょう。

「SがVだと分かった」

という文があったときに、「分かった」といっているわけですから、

これは過去の文ですよね?

その時に、英語では

「SがVだった」という風に書くのです。

正確にはその通りですよね?

つまり、

I found that he was right.

のようにするわけですね。

これを、

I found that he is right.

にはしないわけです。

これを「時制の一致」といいます。

簡単ですよね?

でも、ひっかけは多いのです。例外が多いのです!

(意味は動画をチェック)

http://www.muryosensei.com/movie.html


少し難しい話をします。

過去完了形にしなきゃならない時は、けっこう過去形でごまかせるのです。

え?よく分からない。

そりゃそうですよね^^;

I knew that he had bought all of the books.

のhad boughtはただのboughtでも良いのです。

(詳しくは動画をチェック!)

さらに、変わらない事実、歴史的な事実などは

「時制の一致をしてはいけない」のです。


ちょっと仮定法の難しい話を紹介しましょう。

I wish I were a bird.

ってどういう意味ですか?

簡単ですよね?

「鳥だったらいいのになぁ」という意味です。

では、これを過去形にしてください(笑)

I wished・・・

ということです。

I wished I were a bird.

では、時制の一致のルールに沿っていませんよね?

もともと過去形だったwereを、更に過去にする、ということは、

had beenにする、ということです。

ですから、時制の一致に従えば、

I wished I had been a bird.

になってしまいませんか?

でも、これはもちろん違うのです(正解は動画の中で)

時制の一致には例外、がいっぱいなのです。

(例文は動画内でも紹介しています。)

http://www.muryosensei.com/movie.html

ここで今日も皆さんの応援クリックを、ポチッとお願い致します! →  人気ブログランキング



おまけ

第二次世界大戦って英語でなんていうのでしょうか?

(2通りあります)

theをつけるかどうか、それがポイントです。

put "the" or not put "the", that is the question.

http://www.muryosensei.com/movie.html

無料先生第80回はここまでです。


!そして、今あなたからのコメントを受け付け中です!

何でも聞いてくださって結構です。

動画サイトのご感想、英語の質問、

文法、勉強法、受験、TOEIC相談、なんでもどうぞ。

下のコメントをクリックして、お好きなメッセージを送ってください。

「必ず」佐藤がお答えします!

(質問の内容は、解答とセットで記事にさせて頂く場合があります。)


皆さん、無料動画の中でまた、お会いしましょう!

(無料先生のポータルサイト : http://www.muryosensei.com

さようなら~(^O^)


↓ 応援クリックをして頂けると、本当にうれしいです!!

人気ブログランキング

|

« 無料先生(79)<大好評の無料先生動画サイト!21> | トップページ | 無料先生(81)<大好評の無料先生動画サイト!23> »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。