« 無料先生(48)<英語の冠詞に感動しよう!> | トップページ | 無料先生(49)<be accustomed to doやIt is no use to doはもう使ってもいいよ!> »

2006年9月 6日 (水)

無料先生質問コーナー第5回<look forward to ~ingはなんでto doじゃないの?>

今晩は、無料先生です。

今回は寄せられた質問にお答えするコーナーです。

第48回<英語の冠詞に感動しよう!>に対して、こんな質問を頂きました!


>I'm looking forward to reading that book.

>このよく使われる”I'm looking forward to ~

>の文なんですが、何故後ろにreadingがくるのかがわかりません。


というミサさんからの質問なのですが、皆さんも不思議な疑問ですよね?

今日こそはこの問題、解決しましょう!これについてお答えします!


最近急激にアクセス数が増えています。

ますます多くの方にクリックして頂いています。嬉しい!! → 人気ブログランキング


<お知らせ>~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

現在、無料先生のホームページ(サイト)を作成しています!

そこでは、様々な形式の英語授業を「動画」で行うという

本格的な内容を予定しています。

私、無料先生が動画に出て授業をやります!現在撮影真っ只中です!

皆さん、楽しみにしていてくださいね♪

詳しい情報は、近々またお知らせします!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


確かに不思議ですよね?

I'm looking forward to seeing you again.

「あなたにまたお会いできることを楽しみにしています」

のように、

look forward to ~ing

で「~することを楽しみにして待つ」というとても有名な表現になります。

look forward to 名詞

でもOKです。

いずれにしても名詞相当語句(名詞っぽいもの)を置け、と言われる。

ただ、日本人はどうしても

toというとto doにしたくなるし、

しかも「~すること」という意味だったらto不定詞の名詞的用法もあるし、

しかもto doは未来のニュアンスだって習った被害者が多いから、

みんな混乱するんですよね?


答えを言います。こう考えてください。

look forward to ~

look (forward) to ~

こうしてください。

「~という未来に起きているであろうことをはっきりと見て、

生き生きと楽しみにし、そっちの方向を見ていますよ」

ということなのです。

forwardは副詞です「先を、前を」という意味です。

要らないんです。

look to ~だけで

「~(という未来の出来事が本当に起きると信じて

もはや目の前で起きているように見えていてそれ)を見る」

なんです。

だから辞書をひいてください?

look to ~で案の定

「~の方をみる、~を期待する」という意味がある。

こういうのが全てきちっと載ってるお勧めの英和辞典は

ジーニアス英和辞典』です。


そりゃそうです。

もともとto不定詞のtoだって「未来・先の方向」を示す

前置詞のtoが進化したものです。

で、単純に「~の方をみる」だけじゃなくて、

それは前にある未来の出来事だよ~ってことを明確に示すために

forward(「前に」)がポンッと置かれているのです。

そうすると、ますます、

look toのあとに置くのは名詞だってことになりますよね?

だって皆さんlook at のあとは名詞でしょう?(笑)

look at the tableですよ。

look to my own interests「自分の利益を狙う」

同じですね?

ということで、toのあとには名詞相当語句が来ないと困るわけです。

よく考えてみれば、当たり前ですよね?

でも気づかない。誰も教えてくれないからです。

私はこの解釈以外にも諸説あるかもしれませんが、

この説明には説得力があります。


to doでもいいのでは、とまだ思う方、

to doは「~すること」ですよね?

forwardは「前に」の副詞です。

では、lookは他動詞だ、ということですよね?

辞書をひいてください

lookには「~を見る」のような一般的な他動詞の意味はありますか?

ありませんよね。

一部のイディオム的表現だけですよね。look ~ overとか。

lookはlook at~のように自動詞として使います。

もうこれだけでも、to 不定詞にできないことが証明できるでしょう。


参考文献:

ジーニアス英和辞典


無料先生質問コーナー第5回はここまでです。

まだまだ質問を募集しています。

よろしくお願いします。

今回の説明がわかりやすかったと思う方はクリックお願いします → 人気ブログランキング

またお会いしましょう!さようなら~(^O^)

|

« 無料先生(48)<英語の冠詞に感動しよう!> | トップページ | 無料先生(49)<be accustomed to doやIt is no use to doはもう使ってもいいよ!> »

コメント

無料先生ありがとうございます(*- -)(*_ _)
ず~っと引っ掛っていた物が、スッキリと取れました♪
to+不定詞 のtoではなく、方向性を表すtoだと捉えれば良かったんですね!!!
"look(見る) + to(方向・先) + 名詞"
これなら全然おかしくないですwww
今までずっと、
"look forward + to seeing"
だと思っていました。。。

すごく解り易い回答、本当にありがとうございます(*- -)(*_ _)(*- -)(*_ _)ペコリ

これからも楽しみに見せて頂きますので、宜しくお願いします♪♪

投稿: ミサ | 2006年9月 6日 (水) 21時38分

ミサさん

その通りです、ありがとうございます。
喜んでもらえてうれしいです。

あえて更に言えば、
動名詞~ing形には「普段からやっている習慣」のような、もはや話者にとって当たり前に思われている行動を表わす傾向があります。
I like playing soccer.
は普段からサッカーをしているわけです。そして好き。
一方の
I like to play soccerは
これからの話。サッカーをしたいんです。(サッカーが好き、という意味もありますが)。だから不定詞は未来的と言われるわけですね。
でも、look forward toの場合も、当然そういうことが起こると思って、期待しているわけですから、もはや本人にとっては生き生きとした事実にうつっている。なので、本人としては~ing形を使ってもいいくらいその出来事を眼前に楽しみに見ているということなのですね。
こういう考え方もできるかな、と思いました。
正確に言語学的にどう、というよりは学生としても覚えやすいような解釈でいっていました。

無料先生(英語)

投稿: 無料先生(英語) | 2006年9月 6日 (水) 22時18分

ありがとうございます(*- -)(*_ _)
"to + 不定詞" と "_ing" には、言葉で表せないようなニュアンスがありますね。
本当に英語を話せるようになりたかったら、その感覚の部分が非常に大事になるんですね。
詳しい解説ありがとうございます。
これを機に、ingの使い方は気をつけながら見てみようと思います。少しでも感覚として捉えられるように心がけてみます。

これからも読ませて頂きますので、宜しくお願いします(*- -)(*_ _)(*- -)(*_ _)ペコリ

ホームページの方も楽しみにしていますね♪
I'm really looking forward to seeing your home page ^^

投稿: ミサ | 2006年9月 7日 (木) 23時16分

 失礼いたします。
 ランキングサイト「ベストランキング」の管理人です。
 
 このたび、ランキングサイト「ベストランキング」を新規開設いたしました。
 
 新規ランキングサイトですので、今ご登録をいただければ、ランキングの上位に入るチャンスです。
 
 この機会にぜひともご登録いただけますよう、お願いを申し上げます。

<ベストランキング・新規登録ページ>
http://bestrank.bz/regist.cgi

 あなた様のサイトがランキングに参加していただき、相互発展できれば幸いでございます。
 それでは、よろしくお願い申し上げます。

--------------------------------------
総合ランキングサイト・ベストランキング
URL:http://bestrank.bz/linkrank.cgi
Mail:info@bestrank.bz

投稿: ベストランキング管理人 | 2006年9月 8日 (金) 13時55分

ミサさん

お返事遅れて失礼しました。

そうですね。~ingも実は奥が深いんですね。
進行形(be+~ing)も動名詞もがんばってくださいね!
それでは。

無料先生(英語)

投稿: 無料先生(英語) | 2006年9月13日 (水) 21時20分

この記事へのコメントは終了しました。

« 無料先生(48)<英語の冠詞に感動しよう!> | トップページ | 無料先生(49)<be accustomed to doやIt is no use to doはもう使ってもいいよ!> »