« 無料先生(45)<Salutation and Complimentary close+小技> | トップページ | 無料先生(47)<教科書に書いてあるウソ> »

2006年8月30日 (水)

無料先生(46)<would ratherを無理やり過去形にするテクニック>

今晩は、無料先生第46回です。


最近急激にアクセス数が増えています。

ますます多くの方にクリックして頂いています。嬉しい!! → 人気ブログランキング


<お知らせ>~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

現在、無料先生のホームページ(サイト)を作成しています!

そこでは、様々な形式の英語授業を「動画」で行うという

本格的な内容を予定しています。

私、無料先生が動画に出て授業をやります!現在撮影真っ只中です!

皆さん、楽しみにしていてくださいね♪

詳しい情報は、近々またお知らせします!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


would rather A than B

という有名な表現があります。

ご存知ですか?

「BするよりはむしろAする方がよい」

という意味です。

I would rather go than stay

「残っているより行きたい」

=I prefer going to staying

などのように使います。

ちなみに、アメリカではwouldをhadにすることもあります。


さて、ここで上級者は悩むわけです(笑)

I would rather say nothing than tell a lie.

「ウソをつくよりはむしろ何も言わないほうが良い」

これは、「今」のことを言っています。

一方、過去に実際は嘘をついてしまい、今それを後悔しているニュアンスでは

I would rather have said nothing than have told a lie.

「ウソを言うよりはむしろ何も言わないほうが良かった(と今思う)」

とも言えます。

しかし、これは少し長くてまどろっこしいですよね?そこで実は、

I would rather have said nothing than told a lie.

のように後半のhaveを省略できます。

というかそもそもこの表現もめんどうくさいので、

I should have said nothing insted of telling a lie.

「ウソをつく代わりに何も言わなければ良かったのに」

などと自分はするよ、という意見もネイティブより聞きました。


ところが、

I prefered saying nothing to telling a lie.

などとすると意味が変わってきて、過去の時点での判断になってしまいます。

「(過去の時点で)ウソをつくことより何も言いたくなかった」

これでは上の意味にはならないですね?

この辺が面白い所。

もともとwould ratherはprefer toにおきかえられたはずなのに、

過去形使い始めると意味が変わってしまうという不思議な現象。

ここはほんとに面白い所。


無料先生第46回はここまでです。


!そして、今あなたからのコメントを受け付け中です!

何でも聞いてくださって結構です。

英語の質問、文法、勉強法、受験、TOEIC、感想、なんでもどうぞ。

下のコメントをクリックして、お好きなメッセージを送ってください。

「必ず」佐藤がお答えします!

(質問の内容は、解答とセットで記事にさせて頂く場合があります。)


またお会いしましょう!さようなら~(^O^)

クリックして頂けると、とても励みになります!! → 人気ブログランキング

|

« 無料先生(45)<Salutation and Complimentary close+小技> | トップページ | 無料先生(47)<教科書に書いてあるウソ> »

コメント

うわ!すごい!今まで考えたことも気づいたことも
なかった(笑)

おもしろい!そうですね、私もむしろ「I shoud have」
を良く使いますね。

もう一度、読み直そう・・・・勉強なります。

投稿: みりぃ | 2006年8月30日 (水) 21時05分

みりぃさん

さすが!ネイティブ思考ですね(笑)
こういう発見は、もっとたくさん日々できればなぁ~と思います。
最近はかつて程感性がなくなってきた気すらします(苦笑)
英語に触れる時間を増やさないと。

無料先生(英語)

投稿: 無料先生(英語) | 2006年8月30日 (水) 22時05分

この記事へのコメントは終了しました。

« 無料先生(45)<Salutation and Complimentary close+小技> | トップページ | 無料先生(47)<教科書に書いてあるウソ> »