« 無料先生(44)<クセをなおすってfix this bad habit?> | トップページ | 無料先生(46)<would ratherを無理やり過去形にするテクニック> »

2006年8月27日 (日)

無料先生(45)<Salutation and Complimentary close+小技>

今晩は、無料先生第45回です。


最近急激にアクセス数が増えています。

ますます多くの方にクリックして頂いています。嬉しい!! → 人気ブログランキング


<お知らせ>~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

現在、無料先生のホームページ(サイト)を作成しています!

そこでは、様々な形式の英語授業を「動画」で行うという

本格的な内容を予定しています。

私、無料先生が動画に出て授業をやります!現在撮影真っ只中です!

皆さん、楽しみにしていてくださいね♪

詳しい情報は、近々またお知らせします!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

英語で手紙を書くのって難しいですよね?

特にフォーマットのルールは日本語と違うので困るものです。

今日はそんな勉強をちょっとしましょう^^


まず、皆さん手紙の最後に書く、

Sincerely yours,

ですが、これは米国式です。

語順を変えた

Yours sincerely,

だと英国式になります。知ってましたか?

続いて手紙の最初に書く、

Dear Mr. White:

の最後の:は米国式で、

カンマよりフォーマルなんですよ。

そもそも、Mr.のピリオドは米国式ですね?

イギリスだとこのピリオドを書かないんです。

そうすると、

Dear Mr. White,で初めてYours sincerely,はおかしいわけです(笑)

英米がごっちゃになってる。。

そこで皆さんは今後、

Dear Mr. White:---Sincerely yours,(米国式)にするか

Dear Mr White,----Yours sincerely,(英国式)とするか

決めてくださいっ!(笑)


こんな話もあります。女性を呼ぶとき。

「結婚していない人」はなんて付けますか?

ミズ?ミス?どちらでしょう?悩みますか??

答えはMissミスです。

「結婚している人」は?

Mrs.ですね、そうです。では発音は?

ミセス?違います。

ミスィズです。嘘ではありません。辞書をひいてみてください。

ミセスという雑誌は大嘘つきです。

間違った発音を世間に広めないでください。

そして「結婚していてもしていなくてもどちらでもよい場合」は?

そうです、これがMsミズです。

Miss以外には基本的にピリオドを付けておいてくださいね?

Missだけは単語が長いからピリオド付けるのやめたんだ、

と覚えちゃってください。

しかしややこしいですよねぇ、

何か簡単な覚え方はないかと思ったあなた!

安心してください。

とっておきの技を教えます。

「結婚していない人」→「結婚にミスった人」→「ミス」→Miss

と覚えれば良いのです。かわいそうですね…

あとは皆さん得意のMrs.です。ただ発音はミスィズですからね?

このミスとミスィズの間がミズになるわけです。

ミスの短さとミスィズのズがくっついて一緒になった、

「足して2で割ってミズになった」と覚えてください。

これ、ためになりますよ??

『英語ライティングルールブック』という本もオススメです。


参考文献:

英語ライティングルールブック―正しく伝えるための文法・語法・句読法


無料先生第45回はここまでです。


!そして、今あなたからのコメントを受け付け中です!

何でも聞いてくださって結構です。

英語の質問、文法、勉強法、受験、TOEIC、感想、なんでもどうぞ。

下のコメントをクリックして、お好きなメッセージを送ってください。

「必ず」佐藤がお答えします!

(質問の内容は、解答とセットで記事にさせて頂く場合があります。)


またお会いしましょう!さようなら~(^O^)

クリックして頂けると、とても励みになります!! → 人気ブログランキング

|

« 無料先生(44)<クセをなおすってfix this bad habit?> | トップページ | 無料先生(46)<would ratherを無理やり過去形にするテクニック> »

コメント

小学校の頃、E●Cに通ってたとき、43歳で、未婚の先生にあえて「Mis」って使ってました笑

便利な言葉ですよね笑^^

投稿: ヨウ | 2006年8月28日 (月) 00時35分

こんばんは!
呼び方はややこしいので気をつけたいですね。
慣れてしまうと問題はないんですけど、そうなるまでに時間がかかりますよね。

投稿: ユウ | 2006年8月29日 (火) 03時48分

ヨウさん

あはは、分かります、その感覚。
でも考えてみれば、日本語はもっと簡単ですよね?
男性も女性も「~先生」だけでいいんですから^^

無料先生(英語)

投稿: 無料先生(英語) | 2006年8月30日 (水) 05時16分

ユウさん

そうですね、
特に日本で勉強していたらいったいいつになったら慣れるんだろう、という不安がありますよね。
ペーパーの上では優秀でも、海外に行ったら言葉が出てこないケースは良くあります。
英検の面接とか、何気に大切な気すらしてきます。
自分でこっそり部屋でイメージしてしゃべっているのも、かっこ悪いですが、効率的です(笑)

無料先生(英語)

投稿: 無料先生(英語) | 2006年8月30日 (水) 05時17分

この記事へのコメントは終了しました。

« 無料先生(44)<クセをなおすってfix this bad habit?> | トップページ | 無料先生(46)<would ratherを無理やり過去形にするテクニック> »