« 無料先生(42)<イギリス英語とThat's because> | トップページ | 無料先生(44)<クセをなおすってfix this bad habit?> »

2006年8月23日 (水)

無料先生(43)<英語トリビア・国際化教育のウソ>

今晩は、無料先生第43回です。


最近急激にアクセス数が増えています。

ますます多くの方にクリックして頂いています。嬉しい!! → 人気ブログランキング


<お知らせ>~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

現在、無料先生のホームページ(サイト)を作成しています!

そこでは、様々な形式の英語授業を「動画」で行うという

本格的な内容を予定しています。

私、無料先生が動画に出て授業をやります!現在撮影真っ只中です!

皆さん、楽しみにしていてくださいね♪

詳しい情報は、近々またお知らせします!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

英語上級者の皆さんに是非オススメしたいブログがあります。

ほとんどの方が既にご存知(or通っている)と思いますが、

日向清人さんの管理している

「日向清人のビジネス英語雑記帳」というブログです。

http://eng.alc.co.jp/newsbiz/hinata/

例えば、

「TOEICの点数は受けた回が違ってもどうして比較できるの?」

http://eng.alc.co.jp/newsbiz/hinata/2006/08/toeictoeic_2.html

「アメリカ国民総称はAmericansなのに、日本人国民総称だとThe Japanese?」

http://eng.alc.co.jp/newsbiz/hinata/2006/08/shes_a_britisha.html

などの疑問に答えてくれます。

毎回まさに専門家の詳しさで書かれており、

英語だけでなく教育論・ビジネス情報まで手に入ります。

それがコンスタントに2日ごとの更新ですから、本当に敬服致します。


例えば上の国民話は面白いですね?

実はアメリカ人はThe AmericansでもAmericansでもいいんですね。

しかし、日本人だと必ず、The Japaneseになるんです。

Japaneseだけだと日本語になっちゃいます。

では皆さんに問題です。

「私は日本人です」を英訳してみてください。

I am Japanese.

I am a Japanese.

どちらでしょう?

どちらでもいい?

そうですね、どちらも可能という説もありますし、

敢えて強調する時にaを入れるという話もあり、

いや実はa Japaneseなどは普通使わないという説もあります。

(笑)迷ったら、I am Japanese.と言いましょう。


さて、最新の日向さんの記事にもある、

「子供の国際化教育と日本人らしさの維持」ですが、

http://eng.alc.co.jp/newsbiz/hinata/2006/08/post_259.html

日向さんは英語圏との文化・教育の違いや、

帰国子女の苦労について述べてました。

私も身近にバイリンガル・帰国子女の抱える文化的・精神的問題を感じ、

ただ海外に住めばいい、小学校から英語を習えばよい、

という次元ではないと考えています。

ちょうど今読んでいる『国家の品格』(藤原正彦、新潮新書、2005)

にも近い話題がありました。

藤原さんは論理至上主義・近代的合理主義の破綻を強調しています。

英語より話の中身が大事であり、まずは国語に力をいれ、

本を読ませ、日本の歴史や伝統文化を教え込むべきだと。

自国の文化を知らず、

中身も教養もない人間が英語だけしゃべれても「国際人」とは認められない、

という話で、私もまさに同感です。


ただ、私個人には単純に言語が好きだ、という気持ちもあります。

結果的に中・高・受験というステップで英語に触れさせて頂き、

興味を持てたのでその後はまってしまったわけです。

だから国際人とか教養といった難しいことを考える前に、

「趣味」的になっている面もあります。

しかしこうやって皆さんに英語を伝え、

それを皆さんが国際社会で活かしてくださることも期待しているわけです。

「英語ができれば国際人だ」などという人は、

アメリカ人が全員国際人だなどと言っていることになります(笑)

こんな言葉に惑わされて、

中途半端な英語教育を小学校でやるがために、

大事な国語と算数などの時間を減らしているのです。

以上です、今回の記事は日向さんにもお世話になっているので、

是非皆さんも彼の他の記事も楽しんで、

ランキングをポチッとしていってあげてください^^


参考サイト:

「日向清人のビジネス英語雑記帳」

http://eng.alc.co.jp/newsbiz/hinata/

参考文献:

国家の品格


無料先生第43回はここまでです。


!そして、今あなたからのコメントを受け付け中です!

何でも聞いてくださって結構です。

英語の質問、文法、勉強法、受験、TOEIC、感想、なんでもどうぞ。

下のコメントをクリックして、お好きなメッセージを送ってください。

「必ず」佐藤がお答えします!

(質問の内容は、解答とセットで記事にさせて頂く場合があります。)


またお会いしましょう!さようなら~(^O^)

クリックして頂けると、とても励みになります!! → 人気ブログランキング

|

« 無料先生(42)<イギリス英語とThat's because> | トップページ | 無料先生(44)<クセをなおすってfix this bad habit?> »

コメント

はじめまして!
本大事ですよねー^^
僕は今ゲド戦記の原作読んでます!
映画より数倍おもしろいんで、無料先生も良かったら読んでみてください!(^□^)

実は、自分のブログで、英文で安い物語を書いてみたんですが、誤字とか、もっとこんな表現使ったらいいよ!みたいなのあったら添削していただきたいです^^
時間あるときでいいんで、よろしくお願いしますー<(__)>

投稿: ヨウ | 2006年8月25日 (金) 17時11分

ヨウさん

ゲド戦記の原作読んでいるんですか?
書店にも置いてありましたね、面白そうです^^

物語を書いているなんて素敵ですね。
しかも、関西弁?なんですね
関西の言葉とノリは明るいので本当に好きです(笑)
これからも遊びに行きますね。
とても良い英語だと思いますよ^^
一つだけなにか言えば、
カンマは通常
A, B
のように、前の単語にくっ付けて書きます。
そしてスペースを半角一個空けて、次の単語を書きます。
英語もいろいろルールが決まっているのですね。

無料先生(英語)

投稿: 無料先生(英語) | 2006年8月27日 (日) 00時45分

この記事へのコメントは終了しました。

« 無料先生(42)<イギリス英語とThat's because> | トップページ | 無料先生(44)<クセをなおすってfix this bad habit?> »