« 無料先生(40)<shallってなぁに??> | トップページ | 無料先生(42)<イギリス英語とThat's because> »

2006年8月18日 (金)

無料先生(41)<A is to B what C is to Dの秘密>

今晩は、無料先生第41回です。


最近急激にアクセス数が増えています。

ますます多くの方にクリックして頂いています。嬉しい!! → 人気ブログランキング

<お知らせ>~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

現在、無料先生のホームページ(サイト)を作成しています!

そこでは、様々な形式の英語授業を「動画」で行う

という本格的な内容を予定しています。

私、無料先生が動画に出て授業をやります!現在撮影真っ只中です!

皆さん、楽しみにしていてくださいね♪

詳しい情報は、近々またお知らせします!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


さっそく皆さんを試しちゃいましょう!(笑)

問題:

A is to B what C is to Dという有名な構文がありますね。

「AのBに対する関係は、CのDに対する関係と同じだ」という意味です。

これは従来丸暗記されてきたものです。

なんでこんな意味になるのか、説明してください。

解答は、自分で考えてみてから、初めて見るんですよ?そして添削です♪


解答:

まず、

A is to B (what C is to D)

とします。実は歴史的にもともとは、

A is (what C is to D) to B

だったのです。

とすると、what以下がいわゆる補語だと分かります。

S V C adv. という形になっているわけです。

しかしその後to Bがセットで語形を整えるために前に出てきました。

文尾では遠すぎますしね。

そうしたら、whatは「~なもの」「~なこと」という意味ですから

(先行詞を含む関係代)、

「AはBに対して(to=「~に対して」の意味の前置詞)

CがDに対するもの」と理解できるでしょう。


応用話:

更に進んだ話をしましょう。

What C is to D, A is to B

という表現があるのです。

さっきのをひっくり返したんですね?

あまりに分かりづらいので、途中カンマを便宜上入れたと思われます。

これは旺文社の『英文法標準問題精講

という最も難易度の高い受験参考書にも載っています。

更に!

A is for B what C is for D

「BにとってのAとDにとってのCは同様だ」というのもあります。

先ほどのtoがforになったのですね。

これは実際に高校生の使う教科書プログレスbook5というものに出てきます。

この教科書はネイティブが書いたもので、

非常にレベルの高い内容になっています。

もちろんもともとは、

A is (what C is for D) for B

だったわけですね?

同様に、

What A is for B, C is for D

という表現もできちゃいます(笑)


こうすると丸暗記するしかないと思われてきたあの複雑構文も実は理解しやすく、

更にはtoにとどまらない応用表現がありえることが分かってくるはずです。

いかがでしたでしょうか?


なかなか面白かったと思われたら、クリックお願いします!

→ 人気ブログランキング

無料先生第41回はここまでです。


!そして、今あなたからのコメントを受け付け中です!

何でも聞いてくださって結構です。

英語の質問、文法、勉強法、受験、TOEIC、感想、なんでもどうぞ。

下のコメントをクリックして、お好きなメッセージを送ってください。

「必ず」佐藤がお答えします!

(質問の内容は、解答とセットで記事にさせて頂く場合があります。)

またお会いしましょう!さようなら~(^O^)

|

« 無料先生(40)<shallってなぁに??> | トップページ | 無料先生(42)<イギリス英語とThat's because> »

コメント

前回のshall、そうなんやって読みました
今回のところもまだ勉強してないので、なんとなくそうなのかーって感じです(ごめんなさい)

質問です
第12回の「日本製で木製の茶色い丸い形したちっちゃな美しく輝いてる2つの新しいその箱」ですが、何故 "The two little oval beautiful brilliant new brown japanese wooden boxes."ではないのでしょうか?
無料先生の書かれてる語順だとこうなりませんでしょうか?
この語順覚えるのは大変ですね(笑)

投稿: とまる | 2006年8月19日 (土) 23時02分

とまるさん

こんにちは
"The two beautiful little oval brilliant new brown Japanese wooden boxes."

"The two little oval beautiful brilliant new brown japanese wooden boxes."
の語順についてですが、
12回での説明は一部不足していました。するどいですね(笑)
正確には、
all・both→冠詞・代名形容詞→数量形容詞→主観的評価→大小→形状→性質・状態→新旧→色彩→固有形容詞→物質形容詞→形容詞用法の名詞→名詞
になります。くどいと思ったので一部省略しました。

そうしますと、
lovely(かわいらしい)や
beautiful(美しい)
というのは、自分で決めた主観的な評価ですから、上の位置にきます。
その他、nice、pretty、nasty、horrible、terrible、splendid、wonderfulなどもそうです。(『ロイヤル英文法』)

無料先生(英語)

投稿: 無料先生(英語) | 2006年8月21日 (月) 09時16分

いつも丁寧なお答え、有難うございます
あれ?って思った事を質問できるのを嬉しく思っています
これからも、よろしくお願いいたします

投稿: とまる | 2006年8月21日 (月) 13時57分

とまるさん

こちらこそ、よろしくお願い致します。

無料先生(英語)

投稿: 無料先生(英語) | 2006年8月22日 (火) 02時44分

この記事へのコメントは終了しました。

« 無料先生(40)<shallってなぁに??> | トップページ | 無料先生(42)<イギリス英語とThat's because> »