« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月 2日 (日)

無料先生質問コーナー(2)<助動詞の悩みを解決2>

今晩は、無料先生です。

今回は寄せられた質問にお答えするコーナーです。

(19)<塾の先生は間違ってる?>に対して、こんな質問を頂きました!

>いつwillを使っていつwouldを使うのか教えてください!


というmimiさんからのご質問なんですが、これについてお答えします!

とても大切な表現なので今回は皆さんと一緒に考えてみましょう。

willやwouldむずかしいですよね

wouldとcouldの使い分けも難しいと思います。


"will"

「~だろう」という未来の意味。be going toと近いが同じではない。

家にいて電話が鳴って出て、友達に今来て~って言われたとき、

"I'll go"「おし、いま行くよ!」

という「とっさの意思」が有名です。

"This door won't open"で「このドアどうしても開かないよ」

という「強い意志」のwillです。

won'tはwill notの略ですよ!


"would"

過去のお話をしている時に、

willを普通に時制の一致で過去形にしたwouldが基本です。

I thought he would come.「彼は来ると思った。」

はI think he will come.を簡単に過去形にしてそろえただけですよね?

あとは、さっきのドアの話で

"The door would not open."「どうしても開かなかった」

もOKです。

そして、仮定法のwould、

これはifをつかって

If I were a bird, I would fly to you.

ですね。

そしてifなしバージョン!

I would like to doです。

このwouldももともとは仮定法だったんですよ?

過去の習慣のwouldというのもありますよ?

辞書をひいてチェックしてみよう!


"could"

canの過去形で「~できた」でもあるよね?

I could do it!

でもこれは、

I was able to do it!

の方が正確です。

なぜかって?

仮定法と勘違いされちゃうから。

「できるのに~」という意味に間違えられちゃうからです。

あとは、

If I were a bird, I could fly to you.

という純粋な仮定法もありです。


無料先生質問コーナー第2回はここまでです。


まだまだ質問を募集しています。

よろしくお願いします。


今回の説明がわかりやすかったと思う方はクリック! → 人気ブログランキング

またお会いしましょう!さようなら~(^O^)

| | コメント (2)

2006年7月 5日 (水)

無料先生(24)(TOEIC990満点・東大レベル)<慶應・早稲田の間違い問題!>

今晩は、無料先生第24回です。


最近急激にアクセス数が増えています。

ますます多くの方にクリックして頂いています。

嬉しいです!! →人気ブログランキング


今回、ついに禁断に触れます。

登場するのは一流の私立大学、

慶應義塾大学、早稲田大学の実際の入試問題です。

過去実際に出た問題の「間違い」を指摘します。

また、今後は上智や青山学院大学など、次々に増やしていきます。

出題者には受験生への影響の大きさを考え、

反省・改善していただきたいと思います。


慶應義塾大学

I've had enough cake. Would you like ( )?

a.one more b.some more c.any more d.another one

という問題が過去に出たのですが、

aもbもcもdも全て正解になっちゃいますよね?(笑)

受験文法では純粋な疑問文でないときはsomeを用いると習いますが、

ご存知の通り実際は違います。


慶應義塾大学

Don't forget ( ) your umbrella when you leave.

1.bringing 2.taking 3.to bring 4.to take

to takeにしたいのでしょうが、

電話の会話だったら3も可能になってしまいますよね?


早稲田大学

a.If you say such a thing in public, people will laugh at you.を

b.Such a comment will be ( ) to public laughter.に言い換えなさい。

exposedでもsubjectでもnakedでもopenでも通じてしまいます。

bは重々しくぎこちなくやや不自然な文です。

public laughterでは「人前で笑われること」を意味するのか、

「一般大衆に笑われること」なのかはっきりしません。

このような言い換え自体が受験生の英語に悪い影響を与えますね。


早稲田大学

Many people dropped in to see me.を

Not ( ) ( ) people dropped in to see me.に言い換えなさい。

a fewを答えさせたいのでしょうが、

この表現はかなり文学的で古風でして、

くだけたニュアンスのdropped inという表現とは一緒に使えません。


参考文献:

『これでいいのか大学入試英語上』

『これでいいのか大学入試英語下』


無料先生第24回はここまでです。


!そして、今あなたからのコメントを受け付け中です!

何でも聞いてくださって結構です。

英語の質問、文法、勉強法、受験、TOEIC、感想、なんでもどうぞ。

下のコメントをクリックして、お好きなメッセージを送ってください。

「必ず」佐藤がお答えします!

(質問の内容は、解答とセットで記事にさせて頂く場合があります。)


またお会いしましょう!さようなら~(^O^)

クリックして頂けると、とても励みになります!! →人気ブログランキング

| | コメント (0)

2006年7月 7日 (金)

無料先生質問コーナー(3)<特殊な口語表現>

今晩は、無料先生です。

今回は寄せられた質問にお答えするコーナーです。

(21)<センター試験で間違い問題?>に対して、こんな質問を頂きました!

>"I've got to buy a new pair of sunglasses instead."

>の意味を教えてください。


というmimiさんからのご質問なんですが、これについてお答えします!

とても大切な表現なので今回は皆さんと一緒に考えてみましょう。


まず、訳してしまいましょう。分かりますか?

「代わりに新しいサングラスを一つ買わなくちゃ」

という意味になります。

きっと失くしてしまったんでしょうね。

have got toは実は「~しなければならない」という意味の口語表現で、

皆さんご存知のhave toと同じです。(mustに近いですね)

have got toのhaveが省略されて、I'veになっています。

sunglassesはサングラスですね?

メガネは?glassesですね?複数形なんです。なんで?

だって、レンズはいっつも「2枚」ですもんね?

なので、セットと考えていつも数え方はa pair ofです。

a sunglassesではありません。

insteadは「そのかわり」という意味です。

have got toなんですが、ただのhave gotだと「持っている」という意味です。

つまりhaveですね。

「持っていますか?」という英語には。

Do you have~? のほかに、

Have you got~? そして

Have you~?というイギリスならではの表現もあるんですよ!?


無料先生質問コーナー第3回はここまでです。


まだまだ質問を募集しています。

よろしくお願いします。


今回の説明がわかりやすかったと思う方はクリック! → 人気ブログランキング

またお会いしましょう!さようなら~(^O^)

| | コメント (6)

2006年7月 9日 (日)

無料先生質問コーナー(4)<関係代名詞を完璧に使いこなせ!>

今晩は、無料先生です。

今回は寄せられた質問にお答えするコーナーです。


(23)<副詞の順番で変人扱い?>に対して、こんな質問を頂きました!


>関係代名詞を使う時に出てくるin whichの使い方が >いまいち分かりません。

>なぜwhichではいけないのでしょうか?

>あと、どういう時にwhomを使うのでしょうか?


という、まりさんからのご質問なんですが、これについてお答えします!

とても大切な表現なので今回は皆さんと一緒に考えてみましょう。


"関係詞" そもそも関係詞ってなに?え?関係代名詞とは違うのかって??

OK、説明しましょう。「関係詞」というのは、

①関係代名詞

②関係副詞

③関係形容詞

④複合関係詞

⑤擬似関係詞

の5つの総称なんですよ。

じゃあ関係詞ってなに?

「2つの文をかっこつけてつなげる接着剤」です。

まずは①関係代名詞の話です。

関係代名詞にはwhich、who、whom、whose、thatがあります。


"in which"

関係代名詞のwhichに前置詞のinがくっついちゃったんですね。

which inにはなりませんよ?

whichは前の単語(先行詞)が物の時だけ使えます。

もし人だったらwhomです。

例文には、

This is the room in which I was studying.

(=This is the room which I was studying in.)

(=This is the room that I was studying in.)

(=This is the room I was studying in.)

「これは私が勉強していた部屋です。」がありますね。

隠された2つの文が見えています?

This is the room. I was studying in the room.

ですね?

これをばらばらに言ってもよいけど、カッコ悪いから、くっつけたわけです。

このように、もともとinがあったら、くっつけても消せません。

inがないと「部屋について勉強していた」ことになっちゃいます。


whomは、

She is the girl whom I was talking about. など、

人の目的格の時に使います。

目的格?? aboutのあとがthe girlに戻ってますよね?

こうやって戻る使い方が目的格です。

だから、上のwhichも目的格だったんですね。

人の文が目的格ではなく主格だったら、whoになります(笑)

辞書でチェックしてみてください?


無料先生質問コーナー第4回はここまでです。

まだまだ質問を募集しています。

よろしくお願いします。


今回の説明がわかりやすかったと思う方はクリック! → 人気ブログランキング


またお会いしましょう!さようなら~(^O^)

| | コメント (6)

2006年7月12日 (水)

無料先生(25)(TOEIC990満点・東大レベル)<上智大学の間違い問題!>

今晩は、無料先生第25回です。


最近急激にアクセス数が増えています。

ますます多くの方にクリックして頂いています。

嬉しいです!! →人気ブログランキング


今回も、禁断に触れます。

登場するのは一流の私立大学、

上智大学の実際の入試問題です。

過去実際に出た問題の「間違い」を指摘します。

また、今後も中央や青山学院大学など、次々に増やしていきます。

出題者には受験生への影響の大きさを考え、

反省・改善していただきたいと思います。


上智大学

Charlie Chaplin movies always put me in a ( ) mood.

a.gloomy b.jolly c.harsh d.haggard

aでもdでも通じてしまいます。

しかも表現自体が古臭い。

どうしようもない間違い問題です。


上智大学

'Why did he read so loudly?'

'He read aloud so that we ( ) hear him.'

a.had b.can c.might d.ought

解答のmightでは古めかしく、このような会話では使いません。

couldかwouldを使うでしょう。でも、選択肢にありません。。

さらにこの大学は!

aloud(声に出す)とloudly(大きい声で)の意味を同じだと勘違いしています。

そもそもこの会話は、同じことを繰り返していて不自然ですよね?

皆さん、ちなみに、会話のときの「"」クォーテーションマークは、

アメリカでは""

イギリスでは''

を使うのですよ?これはイギリス英語ということが分かりますね。


上智大学

( ) there sould be no secrets.

a.As we are friends, b.In us friends, c.Between friends, d.For friends like us,

aでもcでもdでも通じる。

旺文社はaを正解としていて、

河合塾と赤本はcにしている。

dでも可能だ。

受験生はどうしたら良いのだ。。


上智大学

He is as big as a ( ).

a.puppy b.kitten c.whale d.tiger e.mouse

笑いが止まらない。

cを意図しただろうが、人間には使わないだろう。

dでもよい。

赤ちゃんだったらどうだろうか?

もはや答えは決まらない。


参考文献:

『これでいいのか大学入試英語上』

『これでいいのか大学入試英語下』


無料先生第25回はここまでです。


!そして、今あなたからのコメントを受け付け中です!

何でも聞いてくださって結構です。

英語の質問、文法、勉強法、受験、TOEIC、感想、なんでもどうぞ。

下のコメントをクリックして、お好きなメッセージを送ってください。

「必ず」佐藤がお答えします!

(質問の内容は、解答とセットで記事にさせて頂く場合があります。)


またお会いしましょう!さようなら~(^O^)


クリックして頂けると、とても励みになります!! →人気ブログランキング

| | コメント (4)

2006年7月14日 (金)

無料先生(26)(TOEIC990満点・東大レベル)<青山・中央大学の間違い問題!>

今晩は、無料先生第26回です。

最近急激にアクセス数が増えています!

ますます多くの方にクリックして頂いています。

嬉しいです!! →人気ブログランキング


今回も、禁断に触れます。

登場するのは一流の私立大学、

中央大学・青山学院大学の実際の入試問題です。

過去実際に出た問題の「間違い」を指摘します。

出題者には受験生への影響の大きさを考え、

反省・改善していただきたいと思います。


中央大学

He has not a little experience with this kind of work.

という問題文。

not a littleは古い。

quite a lot ofやa good deal of、a great deal ofを使うべき。

ちなみに皆さん、

仕事という意味のworkはworks(複数形)にできませんよ!?

worksは意味が変わって「作品たち」になってしまうんです。


青山学院大学

His father who had been ill for almost two years (passed away) this mornig.

明らかに常識があれば、

His father, who...two years, passed...

(関係詞の非制限用法・継続用法)にした方がいい。

このままではお父さんが何人もいて、

その中の一人を限定して説明していることになる。

それとも重婚か一妻多夫制でしょうか?(苦笑)

関係詞がちょっと不安な方は、

無料先生質問コーナー(4)<関係代名詞を完璧に使いこなせ!>

も参考にしてください!


青山学院大学

How did the story ( ) end?

a.result from b.come to c.come out d.go to

答えがない…

次の文が正しい。

How did the story come to an end?

How did the story end?

出題者はanを入れ忘れたのか、

英語が得意でないのか。


参考文献:

『これでいいのか大学入試英語上』

『これでいいのか大学入試英語下』


無料先生第26回はここまでです。

!そして、今あなたからのコメントを受け付け中です!

何でも聞いてくださって結構です。

英語の質問、文法、勉強法、受験、TOEIC、感想、なんでもどうぞ。

下のコメントをクリックして、お好きなメッセージを送ってください。

「必ず」佐藤がお答えします!

(質問の内容は、解答とセットで記事にさせて頂く場合があります。)


またお会いしましょう!さようなら~(^O^)


クリックして頂けると、とても励みになります!! →人気ブログランキング

| | コメント (2)

2006年7月16日 (日)

無料先生(27)<テポドン2号を英語で書けますか?1>

今晩は、無料先生第27回です。


最近急激にアクセス数が増えています。

ますます多くの方にクリックして頂いています。嬉しい!! → 人気ブログランキング


北朝鮮によるミサイル発射が、今問題になっていますよね?

今ざっと見ただけでも、

アメリカのThe Washington Postや

The New York Timesという新聞でも報道になっています。

(ちなみに新聞名にはTheが付きます。でも雑誌には付かないんですねぇ

TIMEとか、付いてないでしょう?)

じゃあ皆さん、「テポドン2号」って英語で言えますか??

ということで、今日は北朝鮮特集で、英語を学びましょう。


まずは、テポドン2号ですが、

Taepodong-Two

と言います。ちなみに、テポドンは現地の基地のある地名です。

スカッドはScud、ノドンというミサイルはRodongと書きます。

では6ヶ国会議は、というと、

the six-party talksとか

the six-nation nuclear talksなどと言います。

英字新聞を読む際に参考にしてください。

今回の北朝鮮の七発の発射を

test-firing seven missilesと言い、

ミサイルを迎撃するイージスシステムは、

Aegis technologyとか

Aegis radar systemとかって言うんですよね。

その機能は、

Tracking and shooting down enemy missiles

(敵のミサイルを追いかけて、打ち落とす)ことですね。

日本海は?

the Sea of Japan、そのままです(笑)

防衛庁は?

Japan's Defense Agencyでいいわけですね。

こういうきっかけは、大切なので、今後も英語を勉強して、

「世界に発言できる日本人」を目指してください。


参照サイト

http://www.washingtonpost.com/

http://www.nytimes.com/

http://www.nhk.or.jp/daily/english/


無料先生第27回はここまでです。


!そして、今あなたからのコメントを受け付け中です!

何でも聞いてくださって結構です。

英語の質問、文法、勉強法、受験、TOEIC、感想、なんでもどうぞ。

下のコメントをクリックして、お好きなメッセージを送ってください。

「必ず」佐藤がお答えします!

(質問の内容は、解答とセットで記事にさせて頂く場合があります。)


またお会いしましょう!さようなら~(^O^)


クリックして頂けると、とても励みになります!! → 人気ブログランキング

| | コメント (2)

2006年7月19日 (水)

無料先生(28)<テポドン2号を英語で書けますか?2>

今晩は、無料先生第28回です。


最近急激にアクセス数が増えています。


ますます多くの方にクリックして頂いています。嬉しい!! → 人気ブログランキング


(27)<テポドン2号を英語で書けますか?1>の続きです。

英語のサイトで、NHK ONLINEというニュースサイトがあります

http://www.nhk.or.jp/daily/english/

ここの英語は音声も聞けて、英語学習に最適ですよ!

ということで、前回に引き続いて、北朝鮮関連の表現を取り上げます。

Japan's Defense Agency chief Fukushiro Nukaga said

the Scuds might have had an improved design

because they flew more than 300 to 500 kilometers

, which was thought to be the maximum range.

訳せますか?(笑)

防衛庁のTOPの額賀さんは言ったんですね、

複数であるスカッドミサイルは改良型だったかもしれない、と。

(読解法:だいたいでいいんです、

細かく読み出すとモチベーションが続かないでしょう?

でも、こうやって前から訳すんです。やさしい日本語で。)

だってさ、300から500キロ以上飛んだんですよ?

あーその距離ってこれまで限界だと思われてたんだけどね?

という意味です。

はいそうです、最後の, whichは関係詞の非制限(継続)用法というやつです。

「そしてそれはね…」という意味で、前の文の名詞や、前の文の内容を指します。

The government said earlier

that the third missile fired was a Taepodong-Two

and that the remaining 6 were either Rodongs or Scuds.

なんと!thatを二つ使ってますよね?

両方saidのあとのものです。

早い段階で政府は言ったんですよ、

三つ目のミサイルはテポドン2号だと。

そしてね、残りの(the remainig)6つは、

ノドンかスカッドミサイルだとね。

そう!either A or Bです。受験に出てくる、学校英語の。

これは大事な表現で、

「AかBどちらか」という意味です。

Neither A nor Bだと「AもBも~でない」になっちゃいます。

norかorか悩むTOIEC・大学受験生は、

neitherとnorだから、n付く同士だ♪と覚えましょう!


参照サイト

http://www.washingtonpost.com/

http://www.nytimes.com/

http://www.nhk.or.jp/daily/english/


無料先生第28回はここまでです。


!そして、今あなたからのコメントを受け付け中です!

何でも聞いてくださって結構です。

英語の質問、文法、勉強法、受験、TOEIC、感想、なんでもどうぞ。

下のコメントをクリックして、お好きなメッセージを送ってください。

「必ず」佐藤がお答えします!

(質問の内容は、解答とセットで記事にさせて頂く場合があります。)


またお会いしましょう!さようなら~(^O^)


クリックして頂けると、とても励みになります!! → 人気ブログランキング

| | コメント (0)

2006年7月21日 (金)

無料先生(29)<英作文メールの添削>

今晩は、無料先生第29回です。


最近急激にアクセス数が増えています。

ますます多くの方にクリックして頂いています。嬉しい!! →人気ブログランキング


英語で文を書くのって難しいですよね?

英作文ってなかなか学校でも難しくて、困りましたよね?

実は、決まりきった表現を覚えちゃうだけでもかなり楽になるんですよ!

ところで最近友人がネイティブとメールをして困ってしまったそうです。

とても面白い話で、実際に彼の書いた「英作文」を見せてくれました。

添削もかねて公開を了解してくれたので、みんなにも紹介します!

一緒に見ていきましょう!


"Hi, this is Takeshi.

If did you receive this my mail,

please send me back for me as soon as possible."

「やぁ、タケシだよ。

このメールを受け取ったらできるだけ早く返事ちょうだいね。」

という意味だと思います。

皆さん、どう思いますか?

彼は英語を勉強中なのですが、

丁度皆さんにも参考になる「間違い」もありそうですね。


結論を言うと、私はこう直すべきだと教えました。

"Hi, this is Takeshi.

When you receive this e-mail,

please send me your reply as soon as possible."

まず、If did you receiveですが、

「もし受け取ったら」でも良いのですが、正確には

「受け取ったときに」に近いWhenが英語らしいです。

そして、いずれにしても、did youにはならず、you receiveのままですね?

倒置は疑問文のときです。

ちなみに「時・条件を表す副詞節」の中ではwillは使えません。

this my mailですが、thisとmyは一緒に使っちゃいけないグループです。

this that his her my yourなどは一緒に使ってはいけません。

ここではe-mailにしておきましょう。E-mailではありません!

send me your replyはlet me knowでもいいでしょう。

as soon as possibleが良いですね。ASAPなんてネイティブは略しますね。


無料先生第29回はここまでです。


!そして、今あなたからのコメントを受け付け中です!

何でも聞いてくださって結構です。

英語の質問、文法、勉強法、受験、TOEIC、感想、なんでもどうぞ。

下のコメントをクリックして、お好きなメッセージを送ってください。

「必ず」佐藤がお答えします!

(質問の内容は、解答とセットで記事にさせて頂く場合があります。)


またお会いしましょう!さようなら~(^O^)


クリックして頂けると、とても励みになります!! →人気ブログランキング

| | コメント (0)

2006年7月23日 (日)

無料先生(30)<seemを徹底分析(超上級編)>

今晩は、無料先生第30回です。

最近急激にアクセス数が増えています。


ますます多くの方にクリックして頂いています。嬉しい!! → 人気ブログランキング


今回は完全に趣味の世界に走らせて頂きます。

言語的に、細かく分析してみたくなったのです。seemを。

英会話として勉強されたい方には次回以降を期待されたいのですが、

こういうのも、たまにはいいですよ?(笑)

"seem"用法分析

seemの品詞は謎ですが、

本来「~という状態、動作をしている状態」というくくりで

to不定詞が使われていたと考える。

それをより簡単にto beでは省略していったと考える。

以下のポイントより、can't seem toが可能なので助動詞とも言えず、

*1から形容詞用法とも言い切れないので、名詞用法となるがが、

これは自動詞という辞書の定義に矛盾する。

・seemを自動詞とする辞書が多い

・to不定詞は名詞用法とも形容詞用法とも諸説ある*1

・seem toで一つの助動詞する見方もある

・to beを省略する方が口語的である

・現在分詞、過去分詞は通例省略不可

・省略は程度を表す形容詞か名詞相当語句(形容詞なし)の時だけ可能*2

・to doは状態動詞に限る(習慣的動作、進行形、完了形は可)

・継続の意味があるので進行形にできない

・否定はseem not to、don't seem to(口語的)両方可

・意味が変わることがある*3

・seemは主観的、lookは視覚的、appearは中間的*4

・to不定詞があるのはto have p.p.で

過去の出来事を容易に表現できるから?(仮説)

・口語ではcan't seem to(~できそうもない)が可能

*1(但しShe seems to know me.は形容詞用法では説明できない)

*2(It seems nonsense.は可、He seems a student.は不可)

*3(My new boss seems very kind.は話し手の直接経験に基づく印象、

My new boss seems to be very kind.は伝聞の解釈が可能。

よって客観性が生まれる…のかな??)

*4(よって意図的にto be表現を残して客観的表現を可能にした?(仮説))

否定がseem not toとなることに興味があります。

同様にought toはought not toとなりますが、

oughtは助動詞とする特例で辞書もあり、

had betterも助動詞扱いでhad better notとなるわけです。

ですからかなり複雑化していますね。


無料先生第30回はここまでです。

!そして、今あなたからのコメントを受け付け中です!

何でも聞いてくださって結構です。

英語の質問、文法、勉強法、受験、TOEIC、感想、なんでもどうぞ。

下のコメントをクリックして、お好きなメッセージを送ってください。

「必ず」佐藤がお答えします!

(質問の内容は、解答とセットで記事にさせて頂く場合があります。)


またお会いしましょう!さようなら~(^O^)


クリックして頂けると、とても励みになります!! → 人気ブログランキング

| | コメント (2)

2006年7月26日 (水)

無料先生(31)<TOEIC頻出表現を大紹介>

今晩は、無料先生第31回です。


最近急激にアクセス数が増えています。

ますます多くの方にクリックして頂いています。嬉しい!! → 人気ブログランキング


最近面白いなと思った表現を紹介します!

いずれもTOIECに既出・頻出ですよ!!

residence=住所

residence address=自宅住所

His residence is on the top floor of that building.

=彼の住まいはあの建物の最上階にある。

resident=住人

My grandmother is a resident of that senior citizens apartment building.

=私の祖母はあの老人用アパートの居住者だ。

pay by(with) credit card

credit card≒plastic (money)


aisle「通路」の発音はアイル


while on duty=勤務中に

vary from country to country=国によって違う

a few cases where...whereは場所でなくても場合の意味でも使う。

あえて言えばin whichと同意である。

well over ten minutes=10分をゆうに超える

should be able to=~できるだろう

defamation of character=名誉毀損

purchasing=購入部

drop the mail off on the 4th floor=四階に手紙を届ける

only previews=予告編だけだ

run these contracts up to~=~へこの契約書を急いで持っていく

以上、心に残った表現集でした!


無料先生第31回はここまでです。


!そして、今あなたからのコメントを受け付け中です!

何でも聞いてくださって結構です。

英語の質問、文法、勉強法、受験、TOEIC、感想、なんでもどうぞ。

下のコメントをクリックして、お好きなメッセージを送ってください。

「必ず」佐藤がお答えします!

(質問の内容は、解答とセットで記事にさせて頂く場合があります。)


またお会いしましょう!さようなら~(^O^)


クリックして頂けると、とても励みになります!! → 人気ブログランキング

| | コメント (2)

2006年7月28日 (金)

無料先生(32)<学校で習わない付加疑問文>

今晩は、無料先生第32回です。


最近急激にアクセス数が増えています。

ますます多くの方にクリックして頂いています。嬉しい!! → 人気ブログランキング


付加疑問文って簡単だと思ってませんか?

そんなあなたに挑戦状(笑)


以下を埋めよ

"I am the president of this company, [   ]?"

私はこの会社の社長ではないのかね?

amn't I? ですか?

それではダメですよ。am I not?です。(笑)

amの場合は特別にこの語順に注意。


じゃあ、

"I'm going to see you later at the game, aren't I?"

後で試合のときに会いましょうね。

は正しいでしょうか。

正しいわけない?

いいえ、これでいいんです。正しいです(笑)

amのかわりにareでうけてます。

ちなみにain't I?にもできます。かなり口語です。


最後に

"I'm right, aren't I?" "Yes, you certainly are."

That's unfair, isn't [   ]?

これは簡単ですね?thatではなくて、itを入れましょう。


実は、上の付加疑問文は学校では習わないんです。

でもネイティブは使います。特に会話で。

amなのにare、もしくは究極の口語のain't(発音はエイント)など、

知っておくとリスニングの力になります。


無料先生第32回はここまでです。

!そして、今あなたからのコメントを受け付け中です!

何でも聞いてくださって結構です。

英語の質問、文法、勉強法、受験、TOEIC、感想、なんでもどうぞ。

下のコメントをクリックして、お好きなメッセージを送ってください。

「必ず」佐藤がお答えします!

(質問の内容は、解答とセットで記事にさせて頂く場合があります。)


またお会いしましょう!さようなら~(^O^)


クリックして頂けると、とても励みになります!! → 人気ブログランキング

| | コメント (10)

2006年7月30日 (日)

無料先生(33)<同格のthatは省略できるのか>

今晩は、無料先生第33回です。

最近急激にアクセス数が増えています。


ますます多くの方にクリックして頂いています。嬉しい!! → 人気ブログランキング


先日、ある生徒に

「同格のthatは省略できるのですか?」と言われ、ショックを受けました。

あまりに高度な質問だったのです。


例えば、

"The fact you didn't know her name

was not so important to me."

という英文があったとしたら、

何か自然にも聞こえたので、

省略ができてもおかしくない気がしますよね?

(The fact thatのthatが省略されています)

しかし、いわゆる受験英語の範疇ではこれが可能か習いません、

手持ちの参考書にも解説はありませんでした。


その後、ある大学教授の論文を読み、

「これまでの説としては、諸説あるものの、

事実としては、『省略される場合がある』と言える」

と書かれていました。

その先生には直接メールを出し、なんとお返事を頂き、

私が生徒に教えるにあたっては、

「自分で英文を書く時には、省略せずに書きましょう。

しかし、実際の英語を読んでいると、

省略されている事例に出会うこともあるかもしれませんが、あまり驚かないように」

と指導すると良いでしょうとアドバイスまで下さいました。


なお、その先生はとても有名な方で、

最近とても売れている単語帳まで出しました。

皆さんも書店で見かけると思います。


無料先生第33回はここまでです。

!そして、今あなたからのコメントを受け付け中です!

何でも聞いてくださって結構です。

英語の質問、文法、勉強法、受験、TOEIC、感想、なんでもどうぞ。

下のコメントをクリックして、お好きなメッセージを送ってください。

「必ず」佐藤がお答えします!

(質問の内容は、解答とセットで記事にさせて頂く場合があります。)


またお会いしましょう!さようなら~(^O^)


クリックして頂けると、とても励みになります!! →人気ブログランキング

| | コメント (4)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »