« 無料先生(31)<TOEIC頻出表現を大紹介> | トップページ | 無料先生(33)<同格のthatは省略できるのか> »

2006年7月28日 (金)

無料先生(32)<学校で習わない付加疑問文>

今晩は、無料先生第32回です。


最近急激にアクセス数が増えています。

ますます多くの方にクリックして頂いています。嬉しい!! → 人気ブログランキング


付加疑問文って簡単だと思ってませんか?

そんなあなたに挑戦状(笑)


以下を埋めよ

"I am the president of this company, [   ]?"

私はこの会社の社長ではないのかね?

amn't I? ですか?

それではダメですよ。am I not?です。(笑)

amの場合は特別にこの語順に注意。


じゃあ、

"I'm going to see you later at the game, aren't I?"

後で試合のときに会いましょうね。

は正しいでしょうか。

正しいわけない?

いいえ、これでいいんです。正しいです(笑)

amのかわりにareでうけてます。

ちなみにain't I?にもできます。かなり口語です。


最後に

"I'm right, aren't I?" "Yes, you certainly are."

That's unfair, isn't [   ]?

これは簡単ですね?thatではなくて、itを入れましょう。


実は、上の付加疑問文は学校では習わないんです。

でもネイティブは使います。特に会話で。

amなのにare、もしくは究極の口語のain't(発音はエイント)など、

知っておくとリスニングの力になります。


無料先生第32回はここまでです。

!そして、今あなたからのコメントを受け付け中です!

何でも聞いてくださって結構です。

英語の質問、文法、勉強法、受験、TOEIC、感想、なんでもどうぞ。

下のコメントをクリックして、お好きなメッセージを送ってください。

「必ず」佐藤がお答えします!

(質問の内容は、解答とセットで記事にさせて頂く場合があります。)


またお会いしましょう!さようなら~(^O^)


クリックして頂けると、とても励みになります!! → 人気ブログランキング

|

« 無料先生(31)<TOEIC頻出表現を大紹介> | トップページ | 無料先生(33)<同格のthatは省略できるのか> »

コメント

ain't はネイティブはよく使ってますね~。
ボン・ジョヴィの曲にもThis ain't a love song.ってありますね☆
効果的に使えるようになりたいです。

投稿: ユウ | 2006年7月30日 (日) 02時24分

「am I not?」は知らなかったぁぁぁ!!!
勉強になりました・・・・・
ちなみに、しっかりと「am not I?」って言ってました。笑。

先生に質問デス!・・・・というか、訳してクダサイ・・・
いきなりなお願いですみません・・・

「新しいブログへお引越ししました。
 こちらをクリックして下さい。」

※「引越し」=変えました、ということが伝わればいいです。
おねがいします~。

あ、TOEICの結果が来ました!!
思いの外、・・・・いい結果でした♪610!!
400くらいかと思っていたので(^^;)
やっぱり、リーディングは弱いですね・・・・
勉強しなくっちゃ!

投稿: ちゅらっこ | 2006年7月31日 (月) 00時28分

ユウさん

こんにちは^^
まさにその使い方ですよね~
実は、ain'tは
am not
are not
is not
has not
have not
のすべての省略形として使える万能ツールなんですよ♪

投稿: 無料先生(英語) | 2006年8月 1日 (火) 06時49分

おお!最後にnotがつくやつ?ってうちのコメント返信で
書いたけど、あたってた!(超嬉)w

しかし、よく考えてみると学校で習わないけどよく使われてる
表現ってたくさんあるんですよね。

「ain't」が歌の歌詞でもよく

I ain't gonna・・・・で使われてますね。

投稿: みりぃ | 2006年8月 2日 (水) 18時57分

みりぃさん

ありがとうございます!
あははは、そうですよね
I ain't gonnaなんてのはすごく生き生きとした(笑)表現ですよね。
こういうのってどうやって学べるのでしょうかね。
やはり映画や、留学といった手段くらいでしょうか。

無料先生(英語)

投稿: 無料先生(英語) | 2006年8月 4日 (金) 00時11分

ちゅらっこさん

例えば
"I've set up (made) a (my) new blog.
please click on this banner."
などで良いのではないでしょうか。

TOEICがんばりましたね!おめでとうございます!
新しい形式ですが、リーディングの対策がんばってください!
文法は特に、ここでの記事も参考になればいいな♪

無料先生(英語)

投稿: 無料先生(英語) | 2006年8月 4日 (金) 00時24分

こんにちは。初めて投稿します。

不可疑問。。
だんだんややこしくなってこんらんしてしまうんですが、
肯定文+否定クエスチョン
というスタイルと覚えればいいんでしょうか?
日本語と英語のY or Nの表現って、難しいですね。

[am]を使った付加疑問文。段々混乱してきました(--;

投稿: anies | 2006年8月 4日 (金) 15時28分

aniesさん

あはは、そうですね。
本当に混乱する部分だと思います。
そのスタイルで良いと思いますよ^^
Yes or Noも混乱しますよね。
相手に合わせず、内容に合わせる、のがコツです。

ただ、今回の記事はかなり特殊な、高度な例ですので、
一般的な会話では文法書・教科書にある程度でいいですよ~♪

無料先生(英語)

投稿: 無料先生(英語) | 2006年8月 4日 (金) 23時45分

付加疑問文と直接関係なくてすみません。
ain'tで、質問してもいいですか?
There ain't no fear...
という歌詞があるのですが、ain'tが、
aren'tの変形(?)だとすると、↑の文は2重否定でしょうか?
意味は、どうなるのですか?

教えてください。よろしくおねがいします。

投稿: KZ | 2006年9月28日 (木) 22時05分

KZさん

お返事遅れてすみません。
二つの解釈があると思います。
一つはご指摘の二重否定、つまり、まわりまわって「肯定」ですね。
ですが、私はここでは、極めて口語の「否定」だろうと思います。
正しい英語ではanyなどを使うべきなのでしょうが、(ain'tを使っているくらいですから)かなりくだけた文脈で、普通の否定の意味を表わすこういう文はたまに出没します。

無料先生(英語)

投稿: 無料先生(英語) | 2006年10月 4日 (水) 03時30分

この記事へのコメントは終了しました。

« 無料先生(31)<TOEIC頻出表現を大紹介> | トップページ | 無料先生(33)<同格のthatは省略できるのか> »