« 無料先生(28)<テポドン2号を英語で書けますか?2> | トップページ | 無料先生(30)<seemを徹底分析(超上級編)> »

2006年7月21日 (金)

無料先生(29)<英作文メールの添削>

今晩は、無料先生第29回です。


最近急激にアクセス数が増えています。

ますます多くの方にクリックして頂いています。嬉しい!! →人気ブログランキング


英語で文を書くのって難しいですよね?

英作文ってなかなか学校でも難しくて、困りましたよね?

実は、決まりきった表現を覚えちゃうだけでもかなり楽になるんですよ!

ところで最近友人がネイティブとメールをして困ってしまったそうです。

とても面白い話で、実際に彼の書いた「英作文」を見せてくれました。

添削もかねて公開を了解してくれたので、みんなにも紹介します!

一緒に見ていきましょう!


"Hi, this is Takeshi.

If did you receive this my mail,

please send me back for me as soon as possible."

「やぁ、タケシだよ。

このメールを受け取ったらできるだけ早く返事ちょうだいね。」

という意味だと思います。

皆さん、どう思いますか?

彼は英語を勉強中なのですが、

丁度皆さんにも参考になる「間違い」もありそうですね。


結論を言うと、私はこう直すべきだと教えました。

"Hi, this is Takeshi.

When you receive this e-mail,

please send me your reply as soon as possible."

まず、If did you receiveですが、

「もし受け取ったら」でも良いのですが、正確には

「受け取ったときに」に近いWhenが英語らしいです。

そして、いずれにしても、did youにはならず、you receiveのままですね?

倒置は疑問文のときです。

ちなみに「時・条件を表す副詞節」の中ではwillは使えません。

this my mailですが、thisとmyは一緒に使っちゃいけないグループです。

this that his her my yourなどは一緒に使ってはいけません。

ここではe-mailにしておきましょう。E-mailではありません!

send me your replyはlet me knowでもいいでしょう。

as soon as possibleが良いですね。ASAPなんてネイティブは略しますね。


無料先生第29回はここまでです。


!そして、今あなたからのコメントを受け付け中です!

何でも聞いてくださって結構です。

英語の質問、文法、勉強法、受験、TOEIC、感想、なんでもどうぞ。

下のコメントをクリックして、お好きなメッセージを送ってください。

「必ず」佐藤がお答えします!

(質問の内容は、解答とセットで記事にさせて頂く場合があります。)


またお会いしましょう!さようなら~(^O^)


クリックして頂けると、とても励みになります!! →人気ブログランキング

|

« 無料先生(28)<テポドン2号を英語で書けますか?2> | トップページ | 無料先生(30)<seemを徹底分析(超上級編)> »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。