« 無料先生(8)<have+人+動詞原形> | トップページ | 無料先生(10)<微妙な使い分け> »

2006年5月10日 (水)

無料先生(9)<未来をあらわしたい時>

今晩は、無料先生第9回です。

今回のお話は未来をあらわしたい時です!


さて、中学ではwill=be going toと習いますよね?

でも、これ間違っているんですよ。

有名ですよね?

willはとっさの意思表示で、be going toは計画を表します。

進行形も近い未来をあらわします。

原形は時刻表などの計画。

be to不定詞は堅いスケジュール。

ここで質問!

①I'm visiting him tonight.

②I am visiting him tonight.

③I'm going to visit him tonight.

④I am going to visit him tonight.

の違いが分かりますか?

ついでに

⑤I will visit him tonight.

⑥I'll visit him tonight.

も。(笑)

①は今晩を近いと思っている。かなり切羽詰った感じ。

②はその強調。

③は計画的に客観性があらわれる。まぁね~って感じ。

④はその強調

⑥があっそれじゃあいくよ!って感じでその場で決めた感じ。

⑤がその強調。

って感じ。面白いですよねぇ~??


無料先生第9回はここまでです。


!そして、今あなたからのコメントを受け付け中です!

何でも聞いてくださって結構です。

英語の質問、文法、勉強法、受験、TOEIC、感想、なんでもどうぞ。

下のコメントをクリックして、お好きなメッセージを送ってください。

「必ず」佐藤がお答えします!


またお会いしましょう!さようなら~(^O^)

|

« 無料先生(8)<have+人+動詞原形> | トップページ | 無料先生(10)<微妙な使い分け> »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。