« 無料先生(4)(TOEIC800レベル)<needの使用上の注意> | トップページ | 無料先生(6)<have toの理由> »

2006年4月10日 (月)

無料先生(5)(TOEIC番外編)<notの研究>

今晩は、無料先生第5回です。

今回のお話はnotの研究です。

このお話は、TOEIC番外編というちょっと変り種です!


noはnotの強調と考えられて、

「~などでは決してない」などと訳されるんです。

①She's not a teacher.と

②She isn't a teacher.と

③She is not a teacher.と

④She is no teacher.

の違い、分かりますか?

まず④が一番強く、「彼女は教師なんてがらじゃない。」になります。

①が普通で。「彼女は先生じゃない。」

②は一般的でなく、主語が代名詞の時には避けられます。

代名詞というのは、SheとかHeとかのこと。

だから、Andyだったら、これになります。

Andy isn't a teacher.ね?

③はnotをあえて強調したの。

④ほどじゃあないが、若干強く聞こえる。

アクセントはnotにかかるんです。


無料先生第5回はここまでです。

また明後日お会いしましょう!さようなら~(^O^)

|

« 無料先生(4)(TOEIC800レベル)<needの使用上の注意> | トップページ | 無料先生(6)<have toの理由> »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。