« 無料先生(3)(TOEIC700レベル)<総称表現3人兄弟> | トップページ | 無料先生(5)(TOEIC番外編)<notの研究> »

2006年4月 8日 (土)

無料先生(4)(TOEIC800レベル)<needの使用上の注意>

今晩は、無料先生第4回です。

今回のお話はneedの使用上の注意です。

このお話は、TOEIC800点レベルです!

かなり難しいですが、がんばりましょう!


needを「~する必要がある」という意味で使うときには2つの品詞があります。

助動詞と動詞です。このneedはなんと!助動詞になったのです。

助動詞と言うのは、willやcanなどの仲間です。

あの、例の、直後に動詞の原形がきた「話者の主観」を表わす記号です。

さて、この助動詞でも使われるneedですが、複雑なルールがあります。

助動詞needは肯定文では使えないのです。

ですから、肯定文を書く場合には、動詞のneedを使います。

この際、動詞のneedはneed to doという形をとります。

ゆえに、You need to go there alone.となるのです。

さてさて、ということは否定文と疑問文ですが、これがどちらでもいいのです。

Need I stay here until noon?「昼までここにいなきゃダメ?」

Do I need to stay here until nonn?「同上」

Prime Minister Junjun Koizumi need not have dismissed Hukuchan.

「小泉ジュンジュン首相は福ちゃんを解雇しなくっても良かったのにね~…」

You don't need to submit the report,

   because I fell in love with you at first sight.

「君は課題の提出をしなくてもいいよ。一目惚れしちゃったから~。」

↑どんな教授だ!!


無料先生第4回はここまでです。

また明後日お会いしましょう!(^O^)

|

« 無料先生(3)(TOEIC700レベル)<総称表現3人兄弟> | トップページ | 無料先生(5)(TOEIC番外編)<notの研究> »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。